読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休 真実の探究

野口整体、霊性修行、スピリチュアルなこと、気 エネルギーについて

心の緊張を弛める

活元運動を行ったあと、疲労が一気に出てくることがあります。心の緊張がほぐれることでそうなるわけですが、 逆にいえば、自分ではよくわかっていなくても、日常的に無意識に緊張させている意識、心の状態というものが人には誰しもあるということです。 心…

浄化経過

しばらくブログを書く気がまったく起きませんで、以前書いたのを一つ載せただけで、放ったらかしです。小さな浄化の波がまた来ており、軽く熱が出たり身体が痛くなったり、下痢のような感じになったりしております。 私の場合、浄化作用によって古い筋の硬直…

美しさ

私はこれまでの人生で、 幸い、人の道から大きく外れてしまうようなことはなかったと思っている。悪いことも弱いことも沢山やってきている。 図にのってつけあがり、間違いも犯してきていると思う。 しかし、人のあるべき道というものから逸れてしまったこと…

神さま仏さまとは

神さま仏さまとは、そもそもなんなのでしょうか。 非常に難しい話なのだが、今のところ自分が感じ思っているところとしては、基本的にはほとんどの場合、高級霊体を指して神仏と言っているものと思っています。 我々の住んでいる3次元の世界ではなく、4次…

他力本願

悟りの修行というものは、大きく分けて、 自力行と他力行に分かれる。自力行とは、 ハタヨーガや中国気功のように、呼吸法や身体を使って自力の技術で気を練り上げてゆくようなものを言う。 他力行とは、 他力とはなんのことか。 神仏のことである。神仏の力…

礼儀は大事です

ここしばらく、日々の瞑想行をサボり気味です。 といってもただ怠けているという感じでもなく、 他に意識が向いていて、とりあえず今としては日々の行を二の次、 心の赴くことを優先という感じでいるため、あまり行えていない状態です。 そんな中で、 修行を…

繊細さと日本文化

繊細で神経質、敏感な人は、 感じて同調しやすい人とも言えます。無意識に、身の回りにある波長に同調してしまう、合わせる能力が高い人達です。合わせることができるから、感じられるのです。 霊媒体質、とも言えるかと思います。 だから、 空気を読むとか…

繊細な人の宿命

修行を続けてきたことで、今でこそやっと自分をまともに使えるようになってきて生きるのもだいぶ楽になってきましたが、 こうなってくるまでは、 子供の頃からずっと、自分にとって人生は苦しいばかりのものだと感じていたものです。特別不遇な境遇で育った…

自由ヶ丘

自由ヶ丘にて活元瞑想会の終わって後、 近くの神社に参拝してきました。 奥沢神社 参拝すると、正面には生きているエネルギーが感じられました。 (画像は拾ってるのでここには写っていませんが)今日は神様がおられるようで、ラッキーだったなと思って日付を…

目はもっともエネルギーの出入りが激しいところである。インドでは、アダルシャナ、スダルシャナと言い、 修行でも要になるチャクラの一つである。 最近知ったのだが、神道での神社参拝でも、正しくは目をしっかりと見開いて御祈りをする。 ほとんどの人が行…

ごみ

最近省みて改めている行いを一つ。 なるべく自然な食事にしたいのではあるが、現状では仕事柄コンビニで食事を買うこともあります。以前はそこのコンビニで買ったものであれば、そこのゴミ箱に捨てればよいと思ってそうしていたのですが、、 なんだかその考…

上野公園

若冲展に行く前に、久しぶりに上野公園をプラプラ散歩をしました。 ここの神社は良かったです。 花園稲荷神社 五條天神社 特にお稲荷様の方は温かい気が射し込んでいました。 日本人だけでなく外国人観光客も多い上野の地で、無礼も非礼も咎めることなく受け…

上野 若冲展

若冲展を観てきました。 朝から一時間待ちだったそうで、夕方行ったら10分待ちになっていました。あまり並ばず入れたのはよかったのだが、館内もすごく混んでいて、とても画を観賞できるような状況ではありませんでした。本当に、ただ見るだけで精一杯でした…

結跏趺坐 印

日本が伝統的に培ってきた坐法は、正座であろう。 野口整体でも、この坐法を基本の型として修練してゆくのである。それが禅宗では、結跏趺坐が基本の型になっているのであろう。 正座、結跏趺坐、双方に共通する点は、 仙椎を立てることで背骨を真っ直ぐにし…

印契 印相

私の修行では、現状でこの印を組むよう正式に教わったことはない。 今までもきちんと結んでみた試しはなかった。 それが先日、電車で座りながらちょうど下腹部の辺りで手を組んでいると、 身体のエネルギーがグーッと高まり整ってゆくのを感じた。なにかと思…

弛緩と緊張

心身は、常に弛緩と緊張を繰り返している。短い周期で言えば、一日の中でも繰り返されている。 少し長い周期で言えば、およそ2週間周期でも弛緩と緊張が交互に行われている。 女性は月経があるからそれがはっきりと表れるが、男性でも同じようにある。もっ…

もとはと言えば、どうしようもなかった自分を立て直して、どうにか幸福を得ようと一か八か捨て身のつもりで始めた修行。関わってくれた人達や、見守って助けてくれている存在のお陰で、 今はやっと、心にゆとりが持てるようにもなったものです。 心のゆとり…

開運

この言葉、 どうしても安っぽく感じてしまうのは自分だけではないはず。言霊としての波動は決して安っぽいものでも、マイナスなものでもない。 かいうんかいうんと唱えてみると、明るく良好なエネルギーであることが感じられる、良い言霊であると私は思う。 …

身代り

人の心と自然災害の関連性を述べましたが、 それと同じようなエネルギーの働きの別の形に、身代り、というものがあります。これの方が身近なものという気がします。 私の好きな鎌倉にある、鶴岡八幡宮。 ここの御神木である大銀杏が数年前に倒伏したのは、ニ…

人の心と災害

私の学ぶ世界では、 自然災害にも、人の心が大きく関与していると言われます。人の心が生み出すネガティブな想いが、沢山積もり積もればそれが大きな負のエネルギーになり、地球規模での浄化の働きを招き、 人に被害の及ぶ災害が起こるのだというのです。神…

熊本震災

関東住まいの自分には出来ることも限られますが、祈りの力を知っている修行者として、 被害が軽減するよう、できる範囲で祈りの瞑想を行います。 一休

水や食材

修行を続けて、浄化が進んで来るにしたがって、いろいろな感覚がよく働くようになってきています。それに伴って、 都会の人混みや、マイナスな念の強いもの、気の粗い感じのものなどが、 本当に苦手になってもきました。ここは少し、つらいところです。 気感…

大事な精神

ここへ来て、また少し心の変化、気持ちの変化があり、 改めて自分を省みています。 テレビで和食の職人の修行風景をたまたま見たり、伊藤若冲などの、かつての職人画家の絵を見て強く感じ入ったりして、 自分が大事にしなければならない精神というか、 生き…

心に素直に

心の裡に秘めている陰性の感情や心のブロックなどが、浄化されて消えゆく流れゆく時、 はっきりと意識化されないまま浄化されてゆくこともありますが、沈んでいたものが浮いてきて意識化されるということは多々あります。 意識に上る、つまりそれを感じて想…

部屋をパワースポットに

自分の部屋をパワースポットにするのがよい、といったことがよく言われると思いますが、私もそう思います。 その一つに、絵やポスターを飾るというのは良い方法と思います。私は個人的にはシャガールやゴッホ、伊藤若冲や狩野派などが好きですが、 これらの…

神社 寺院の感想

近頃、時間のとれた時に神社かお寺に行ってみたくなることがあります。 以前は修行修行という感じだったが、最近少し気楽に出かけてみるのも心地よく感じられるようになっている。 そんなにあちこち行ってないのだが、それらの画像をあれこれ見ていて感じる…

優れた神社 寺

霊的に優れた神社お寺に行くと、鳥居や山門という結界の向こうが全く別の空間のようになっているところがあります。 高級霊の力によって、高級な高次の空間になっています。そうなっているところでは、邪な存在、低級霊の類いはそう簡単にそこへは入って行け…

パワースポットの裏側

パワースポット、エネルギースポットと言われるようなところというのは、 良質な波動の存在も集まりやすいが、 低級な邪悪な波動をもつ存在というのも集まりやすいものであります。エネルギーが高いということは、そういうことです。 修行に適した霊山とかは…

パワースポット巡り

パワースポット巡りとか、江原裕之さんが表に出てこられた頃からでしょうか流行っておりますが、 いろいろ注意点はあると感じます。 先日の記事で書いたお寺のように、神様仏様の住まう場所ではなく、 低級霊の住み処、たまり場のようになってしまっていると…

鎌倉散歩

鎌倉周辺を少し見て回りました。 佐助稲荷神社小さいながらも、清らかなとても良いエネルギーだったのでしばらく休憩しました。 そのままずっと休んでいたくなるような温かい空間でした。 きっとご利益のあるお稲荷さんであろうかと思います。稲荷社でこうい…

法力 手かざし

先日、法力のことに少し触れましたが、この法力のもっともスタンダードなものが、手かざしではないかと思います。近年の日本で発祥した霊気療法は、レイキの名で世界的に親しまれている手かざし療法であり、これは紛れもない法力の一種であります。 仏陀やイ…

密教 裏ミステリー

密教の密は、秘密の密であります。一般人に、衆生に向けて説法を主に説かれているものが、宗派としての仏教と言えるでしょうか。それに対し、一般人には公開せず伝えていない秘密の教えというものがあります。 それが密教であり、秘密の教えとは、主に法力の…

エネルギーチャージ法

エネルギー体を常に十分なエネルギーで満たしておくこと、 これは誰に於いてもとても大切なことであると思います。 最近、ふとしたことで非常に簡単で有効な方法があることを知りました。 神社などに、よく樹齢を重ねた古い木や大木がありますが、 これらか…

対話

これは野口整体の世界で学んできたことでありますが、 自己との対話、他者との対話ということについてです。 私は子供の頃から、人に対して心を開いて接することが上手に出来ませんでした。 大人になって社会に出てから、それが元で人間関係がなかなかうまく…

見通す

高次元から見て、 低次元は見通すことができる、確認することができます。 我々の世界は三次元である。植物は、二次元の存在であるといいます。なので我々に確認することができます。 反対に、 低次元から見て高次元は見通すことも確認することもできない、…

本式の脱力

活元などを行うことで深いところを本格的に弛めていくと、本当の脱力が起きてきます。 活元瞑想は、脱力法です。 活元会でも、終わってからスッキリしましたとか、身体が楽になりました、 といって、すぐに立ち上がって帰り支度をする人は多いのだが、 それ…

神仏の魂

密教などでは、入魂という技術があります。 神、仏などの高次のエネルギーを物などに入れます。高次エネルギーに周波数を合わせることで、その物がその波動を持つようになり、言わば神仏が宿ったご神体になります。 こういった技術というのは、力を持った人…

ポジティブの選択

陰性と陽性、ネガティブとポジティブということについて、どうしても陰が悪であり間違い、陽が善であり正しいというニュアンスになってしまいがちなのであるが、 本来はどちらが正しいも間違いも善も悪もない。 陰陽図を見ればわかるように、陰は陽を助け、…

訂正

今まで、物質的に現象化されることや物質界のことなどを、物理化とか物理次元とか書いてきたのだが、 よく考えたら言葉の使い方がおかしいことに気づきました。 気もエネルギーも、人の心も、神も仏も自然界も、宇宙のあらゆるものは全て物理です。 全ては超…

円覚寺

大宇宙といのち 「無常」とは、何か絶対的なものがそうしようとしているのではなく、 自然とそうなるとしか言いようのない宇宙の法則です。 大宇宙や太陽系、地球が出来てから刻々と変化し続け、 その大きな変化の中に私達はいのちをいただいて活動をしてい…

高次エネルギー

気、エネルギーとは波動である。波動は音に置き換えることができ、 音は数字に置き換えることができ、 数字は型に収まることができる、 とされる。 密教では真言と神聖図形、マントラとヤントラを使う。 神道であれば祝詞と霊符であろう。詳しく知らないが当…

清掃

なんとなく状況の流れが悪いと感じる時や、心が散漫になってる時など、私は清掃を入念にしたくなることがあります。 出家修行のお坊さんを見ても分かるように、清掃、整理整頓は修行の基本であります。 瞑想を行い、自分を深く見つめ感じるのも、高次のエネ…

全生

野口先生の教えには、本来の自分らしく、本来の自分のあるべき形として、 持ってるエネルギーは、力は余すことなく使い、 誰にも頼らず何物にも寄り掛からずに、自分自身を拠り所にして、日々今を全力で生きるという、 全生思想、というものが根底にある。 …

修行記録

約2ヶ月に渡る大きな浄化を経て、 意識の変化など、他にもいろいろと大幅に変わっているものがあるのだが、それがなんなのかが少しずつ見えてわかってきたところです。 どうもクラウンチャクラが活性化したようであります。なにかブロックがとれたのか、あ…

雑話

私が行っている瞑想では、イマジネーションというのは基本的には使っていない。 これを使って行う瞑想法は多いと思うが、これまでずっとあまり関心を持てなかったため継続して行ったことがない。 ある時期からイメージすることの重要さはわかっていたものの…

破壊神

来週3月7日はマハーシヴァラトリーだそうです。 ヒンドゥー教の、一般に破壊の神と言われているシヴァ神を讃える日です。 修行を通していろいろな浄化を経験して、周りの経験談なども見聞きしてきて思うことですが、心、身体がいい方へ、正しい方へ変わっ…

陰陽

陰陽は必ず一対で存在する。 振り子と同じように、一方に大きく振れるものはその反対にも同じだけ振れる。 いわゆるパワースポットと呼ばれるエネルギーの高いところなどはわかりやすい。 神社など、日中に行けばいいエネルギーを吸収することができるが、 …

アインシュタイン

人間は、私たちが「宇宙」と呼んでいる全体の一部であり、時間と空間が限定された部分なのです。人間は、自分自身や、自分の思考と感情を、残りの部分から切り離されたものとして経験します。それは人間がいわば目の錯覚として自分の意識をとらえているから…

泣けるということ

思いきり泣くことができるというのは、 とても大切であります。 メソメソと泣くのではなく、全身を震わせて声をあげて泣ける、 大人になってもこういうことができるというのは、心身を育てていく上で非常に重要なことであります。 勿論大人になれば、それを…

直感

その時の自分にもっとも相応しい情報が、わざわざ探さなくても絶妙なタイミングで入ってくる、私の学んでいる世界ではこういうことがとても重要になります。 要するに直感、インスピレーションですね。 普段から思考ばかりを使うことに馴れてしまっていると…