読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休 真実の探究

野口整体、霊性修行、スピリチュアルなこと、気 エネルギーについて

治る力

今は、病気をしたり怪我をしたりすれば、まず病院に行くという人がほとんどでしょうか。
そこで薬をもらって処置をする、というのが今の常識でしょう。


こんな常識の中で生活していると、
病気も怪我も、まるで薬の力で治っているものと思い込んでしまいそうですが、

実際には、病気や怪我が治って修復されていくのは薬の力ではありません。
治っていくのは全部自分の心と身体の力です。
薬を飲もうが飲むまいが、治していく力そのものは全て自分の中にあります。
既に自分の中に備わっているものです。


ここを勘違いしているとおかしなことになってしまいます。



症状とは、それ自体が不要なものを体外へ出すとか、
その症状によって恒常性を保とうとする働き、
今より悪くなる、危険な状態になるのを回避しようとする働きですので、
全て必要あっての働きです。

対症療法の薬でそれらの働きを抑えてしまえばどうなるか。


それは、
お尻の穴に栓をしたらどうなるか。
川の水の流れるのを堰き止めたらどうなるか。
これと同じことです。


一番出やすい出口が塞がれれば、今度はどうにかして形を変えて他から出ようとします。
簡単に出られないから複雑化します。
スムーズに出なければ溜まり溜まって、爆発します。


症状は常に小出しに出ている方がいいのです。

病状は、経過させるものです。


一休