読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休 真実の探究

野口整体、霊性修行、スピリチュアルなこと、気 エネルギーについて

生命の原理 続き

病気になるのも、怪我をするのも、
エネルギーの発散行為である。


偶然起こっているように思えることも、実際にはそうではない。


エネルギーが有り余っていれば、どうにか使って発散されようとする。
無意識は、その発散を必要として求めている。


必要な発散が意識的に行われなければ、
無意識がそれを実現する。


怪我をしたり病気したりすれば、エネルギーは沢山使われる。
無意識の破壊発散の要求によって、自分を壊すか外の何かを壊す。

破壊発散が、
外へ向けば怪我や事故を起こし、
裡へ向けば自分の中を壊していく。


自分の中に余って溢れてしまったエネルギーを、どうにか処理しようと働いた結果である。




f:id:ikkyuw:20160107023548j:plain




人間の活動は、
意識的に行われているように見えて、

その実、大部分が無意識の要求によって行われている。




前向きな行為であれ、後ろ向きな行為であれ、
意味のあると思う行為も、ないと思う行為も、

無意識の発散の要求によって行われている。



f:id:ikkyuw:20160107141449j:plain





エネルギーは、ただ流れていこうと働いている。
その勢いそのままにまっすぐ流れれば、それは陽性のきれいなものである。

勢いが抑えられれば、それが陰性に傾く。


意識と無意識、心と身体と、
分離しているものが一つに繋がれば、エネルギーは勢いそのまままっすぐに流れていく。

滞るから陰性の働きになるのである。




f:id:ikkyuw:20160107022257j:plain




統合されればされるほど、使えるエネルギーはますます大きく強くなる。

分離を起こせば起こすほど、鬱滞すればするほど、
小さく弱くしか使えなくなる。




大事なことは、

自分の中で分離してしまっているものを、統合していくことである。

別々になってしまってるものを、
一つに繋げて目一杯、力一杯使っていくことである。




f:id:ikkyuw:20160107145847j:plain




アセンションを迎えて、時代は大きく変わりゆく。


かつての、集合意識の大きな分離のあった、破壊的な戦争ばかりの時代は終わり、
世の中全体として、統合していく力が大きく強くなっている。
その力は、そのまま個人にも働いている。





人は、エネルギーの集合体である。

力の結晶である。


自分の力のあることを自覚して、
それを目一杯使っていかなければならないのである。



一休