読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休 真実の探究

野口整体、霊性修行、スピリチュアルなこと、気 エネルギーについて

小話 先祖供養

ご先祖様を供養するということは、やっぱりとても大切と思いますね。


例外的な人を除いては、
普通は自分についてる守護霊さんというのも、自分の前世も、ご先祖様です。

ということは、
ご先祖様を大切に想うこと、供養をすることは、
自分の前世供養になり、守護霊さんの加護も得やすくなることになります。




f:id:ikkyuw:20160113012221j:plain



今は仏壇も神棚もない家は多いだろうと思いますが、

気、エネルギーという角度から見ると、これらはなるべくあった方がいいと私は思います。



神様も守護霊さんなども、物理的な形を成していないだけの話で、エネルギー体としては存在しています。

それぞれが固有の周波数を持っており、
それらは物理次元よりも、高次元の、高周波です。



自分がそれらを想念によって想うことは、
ラジオを聞くのに電波を合わせるのと同じような行為になり、

想うことが、それらと繋がること、
繋がって何かを受け取ろうとすることになります。
想念は、物理次元より高次元のものですね。



神社の御札や位牌などは、対象のエネルギーの受信機の役割をするので、
基本的には想うだけよりも、
身近にそれらがあれば、よりその対象と繋がりやすくなります。




f:id:ikkyuw:20160113010449j:plain



丑の刻参りでは、
相手の髪の毛とか爪とかをよく使いますが、
それは、明確にその人固有のエネルギーと繋がるためです。
現代だったら写真も使えますね、私はやりませんが。





前世も守護霊も、別人格でありながら自分の一部とも言えるような存在です。

お互いに補完し合う関係にあるので、
これらを想うこと、感謝することは、自分の運命が良くなるよう働きます。

当然家族も同じご先祖なので、家族みんなにも働くことになります。




何より想うこと、
形式よりも、エネルギー的に繋がることが大切と私は考えます。

本当に愛する人とは、
以心伝心、想念で強く繋がっているものですが、
それと同じことです。



一休