読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休 真実の探究

野口整体、霊性修行、スピリチュアルなこと、気 エネルギーについて

本式の脱力

活元などを行うことで深いところを本格的に弛めていくと、本当の脱力が起きてきます。
活元瞑想は、脱力法です。



f:id:ikkyuw:20160324193712j:plain



活元会でも、終わってからスッキリしましたとか、身体が楽になりました、
といって、すぐに立ち上がって帰り支度をする人は多いのだが、
それはまだまだ本式の脱力に至っていない人であることが多いです。


本当に心が変わっていくような、それに必要な脱力が起こるようになってくると、
活元を行うことで、気持ち悪いとか、動けなくなってすぐ立てないとか、
むしろ苦しくつらい不快な状態になるようなことも増えてきます。

そしてそれは終わった後だけでなく、日常的にも続きます。


密教の浄化行でも、そういったことが沢山起こります。




詳しくないが、たぶんハタヨーガなどもそうではないかと思います。
悟りの行法なのだから、フィットネスクラブのヨガとは全く別物だろう。
フィットネスクラブで行われているヨガではそういった要素は当然ないのでしょう。
運動不足解消、いい汗ながして気持ちよくなって、新陳代謝も上がって健康に、という感じでしょう。

楽しみの世界としては十分価値あるものと思いますが、
本当に深く心を育ててゆく、身体を育ててゆくには、楽しい心地いいだけでは無理です。


それまでの自分を一度全て壊して、創り変える覚悟も必要になります。




f:id:ikkyuw:20160324193835j:plain




今まで積み上げてきたもの、過去の自分にすがる気持ちがあったとしたら、
その延長で生きることにしがみついてるものがあるとしたら、

それでは自然で有意義な生き方をしているとは思えません。


変化を恐れていれば、身体は臨戦態勢をとってグッと緊張しています。
それらが弛んでこないと本格的に脱力してきません。


どんな変化が降ってこようと、怖れる必要はなにもないのだという信頼、
その信頼が得られてゆくことで初めて、
本当に物事を楽しんで生きてゆくこともできるのではないかなと、私は思っています。



f:id:ikkyuw:20160324193915j:plain



一休