読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休 真実の探究

野口整体、霊性修行、スピリチュアルなこと、気 エネルギーについて

印契 印相

修行日記、記録 気、エネルギー

私の修行では、現状でこの印を組むよう正式に教わったことはない。
今までもきちんと結んでみた試しはなかった。



f:id:ikkyuw:20160426004813j:plain



それが先日、電車で座りながらちょうど下腹部の辺りで手を組んでいると、
身体のエネルギーがグーッと高まり整ってゆくのを感じた。

なにかと思ったのだが、手をほどくとエネルギーが無くなる。

もしかして手の形で、印によってそうなってるのか、と気づいて、

仏様の組んでいる印や、禅で組まれる定印をさっと調べて組んでみた。


すると、それぞれ違う感覚のエネルギーが強烈な強さで体内を巡った。



そこで初めて、印相を組むことがなんなのか知った。
禅もエネルギーを使っている技法であるということが、この時初めてわかった。


エネルギーが強烈で面白かったので、家で試しに禅を組んで印を結んでみた。

ものの数分で急激に変性意識へ入って行き、そのまま意識が飛ぶように寝てしまい、バタンっと倒れて目が覚めた。


印を結んだだけなのに、それはそれは強いエネルギーである。


強烈な強さであるし、面白がってやってみていていいものか、とも思うが、
今のところやめた方がいいと止められるような感触もないので、
少しずつ色々試してみたいと思っている。


印相で軽く調べてみても、
こんな意味を表している、そんな思想を表しているという、学問的な理屈は出てくるのだが、

具体的にそれをエネルギーとして扱うことについて触れられている話が出てこない。



f:id:ikkyuw:20160426004824j:plain



はたして遊び半分で扱ってみてよいものかと思いつつ、
とりあえずおもしろいのでやってみている。


一休