読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休 真実の探究

野口整体、霊性修行、スピリチュアルなこと、気 エネルギーについて

信念の転換

霊性修行

目に映る現実というものは、心の反映であり、それまで自分が信じてきたことの産物のようなものであります。




f:id:ikkyuw:20160612222521j:plain



なにか困ったこと、悩んでしまうことが起これば、なんとかして状況を変えようと苦慮し、奔走したりするものですが、

結局そこで何を行っているのかと言えば、


その本質は、
状況に向き合うということを通して、
自身の心の在り方を変えてゆこうとしているのであります。

良くない形で信じ込んでしまっているもの、
信念の転換を行っているわけです。


実体は、目に映る状況にあるのではなく、

自身の心の方にあるのです。


現実は幻想であると言われる所以です。




f:id:ikkyuw:20160612222545j:plain



であるから、
修行者としては、状況の方にばかり意識を向けるのではなく、

自身の心の在り方ということの方に常に意識を向けていることが、
何より重要になってくるものと思うのであります。



状況のせい、人のせい、世の中のせい、

過去のせい、生い立ちのせい、


そう思ってしまう気持ちは起こります。

が、
そう思うことに留まっているうちは、物事は良い方に進んでは行かない。



f:id:ikkyuw:20160612222606j:plain



すべては自身の心の在り方、
持っている信念の形にあるのだということを知り、

そこを変えてゆくためにあるのが、
目に映る現実であり状況であると、


実体は、自身の裡にあるのだということを、


そういうことを、
仏陀も賢者たちも説いているものと思います。



f:id:ikkyuw:20160612222428j:plain



一休