読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休 真実の探究

野口整体、霊性修行、スピリチュアルなこと、気 エネルギーについて

無感覚から感覚へ

心と身体を養うこと、
心身の修養というのは、


敏感になっていくことであります。


どんな行法でも、行うことで、
五感も六感も、心の感覚も、
鋭くなっていくことが、正しい修行と言えます。


これが反対に、鈍っていってしまうとしたら、
修行として、そのやり方は正しくないということになります。



f:id:ikkyuw:20151230233515j:plain




敏感になっていく過程では、

無感覚になってしまっていたのが、
感覚されていくという過程を辿るものがあります。

感じられなくなっていた苦を、
感じていく過程を経ます。



意識と意識下でズレてしまっていたものが、
一つに繋がっていこうとするときに、

思い出したように、
痛み苦しみを、感覚し出すことから始まるものがあります。



f:id:ikkyuw:20151231002247j:plain



きれいに重なり合うまでは、不快を伴います。


不快であっても、
感じているときは、繋がろうと働いているときです。

感ずれば変わる です。

感じれば、繋がってゆきます。




これが、修行を行うことで体験していく、一つの浄化現象であります。



修行が進むにつれて、
心にも身体にも、痛み苦しみが次々と表層化して現れてくることもあります。


あまりに強く出てきたり、
一気にまとめて出てきたりすると、

耐え難いほどになることもありますが、



f:id:ikkyuw:20151230233717j:plain




その痛み苦しみを経て、

心身は、養われてゆきます。



一休